2008年06月06日

サラリーマンの財布を直撃

本で住宅ローンやクレジットカード事業を展開する「GE Money(GEマネー)」はこのほど、1979年の開始以来30回目を迎える「サラリーマンの小遣い調査」を実施した。今年の平均小遣いは46,300 円と、昨年比2,500円ダウンとなり、伸び悩む給与と上がり続ける物価がサラリーマンの財布を直撃している実態が明らかとなった。

同調査は4月19・20日の2日間で全国のサラリーマン500人を対象に行った。30年前の調査開始当時、30,600円だったサラリーマンの小遣いは、日経平均株価が史上最高値を記録したバブル絶頂期1989年の翌年1990年には、76,000円と倍増。その後株価は下落を続け、それと連動するように小遣い額も減少し、2004年には38,300円と底を打った。昨年までは3年連続で上昇し48,800円まで回復したが、今年は46,300円と4年ぶりに減少に転じた。

2008年3月期は業績好調な企業が多かったため51.4%の人たちが「昇給があった」と回答。その一方で、5月22日の日本経団連の発表によると、今年の夏のボーナスは前年比0.59%増となっているが、昨年の増加率2.77%に比べると低い水準だ。そのため、8割近くが「小遣い額に変化なし」と答え、さらに「小遣いが下がった」との回答が12.6%で、「小遣いが上がった」と答えた10.6%を上回った。混迷する日本の政治・経済の先行き不透明感や生活防衛意識が反映されているようだ。

小遣いが下がるとサラリーマンの財布を直撃するのは、4割以上が「使い道として外せない」と答えている「昼食代」。昼食代も平均570円と、昨年より20 円減少した。今後も物価が上昇する上での生活への影響について、最も多かった回答は「外食費が減る(昼食代、飲み代を含む)」。今後昼食代をはじめとする外食費については、しばらく節約モードが続くだろう。

「現実」プラス2.5万円の71,600円だった今年の「理想」の小遣い額。来年は政治・経済面とともに理想と現実の開きが縮まるだろうか。詳細は「GE Money 2008年サラリーマンの小遣い調査詳細レポート」を見ると良い。



やはり、二極化が進行しているようですね。
お金があるとところには、あって、ないところには、本当にないようです。 良い悪いは別として、世界はアメリカ化に向かっているようです。

さあ、日本はどうしましょうか。
posted by クレ at 13:08| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。