2008年06月06日

サラリーマンの財布を直撃

本で住宅ローンやクレジットカード事業を展開する「GE Money(GEマネー)」はこのほど、1979年の開始以来30回目を迎える「サラリーマンの小遣い調査」を実施した。今年の平均小遣いは46,300 円と、昨年比2,500円ダウンとなり、伸び悩む給与と上がり続ける物価がサラリーマンの財布を直撃している実態が明らかとなった。

同調査は4月19・20日の2日間で全国のサラリーマン500人を対象に行った。30年前の調査開始当時、30,600円だったサラリーマンの小遣いは、日経平均株価が史上最高値を記録したバブル絶頂期1989年の翌年1990年には、76,000円と倍増。その後株価は下落を続け、それと連動するように小遣い額も減少し、2004年には38,300円と底を打った。昨年までは3年連続で上昇し48,800円まで回復したが、今年は46,300円と4年ぶりに減少に転じた。

2008年3月期は業績好調な企業が多かったため51.4%の人たちが「昇給があった」と回答。その一方で、5月22日の日本経団連の発表によると、今年の夏のボーナスは前年比0.59%増となっているが、昨年の増加率2.77%に比べると低い水準だ。そのため、8割近くが「小遣い額に変化なし」と答え、さらに「小遣いが下がった」との回答が12.6%で、「小遣いが上がった」と答えた10.6%を上回った。混迷する日本の政治・経済の先行き不透明感や生活防衛意識が反映されているようだ。

小遣いが下がるとサラリーマンの財布を直撃するのは、4割以上が「使い道として外せない」と答えている「昼食代」。昼食代も平均570円と、昨年より20 円減少した。今後も物価が上昇する上での生活への影響について、最も多かった回答は「外食費が減る(昼食代、飲み代を含む)」。今後昼食代をはじめとする外食費については、しばらく節約モードが続くだろう。

「現実」プラス2.5万円の71,600円だった今年の「理想」の小遣い額。来年は政治・経済面とともに理想と現実の開きが縮まるだろうか。詳細は「GE Money 2008年サラリーマンの小遣い調査詳細レポート」を見ると良い。



やはり、二極化が進行しているようですね。
お金があるとところには、あって、ないところには、本当にないようです。 良い悪いは別として、世界はアメリカ化に向かっているようです。

さあ、日本はどうしましょうか。
posted by クレ at 13:08| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

クレジットカード

クレジットカードはvisaを作ればまず、最も多くのお店で利用できるので間違えないでしょう。
VISAは銀行や、ツタヤをはじめとするところで開設することができ、非常に手軽に作成することができます。

クレジットカードの初心者にはvisaがオススメです。

リンク集42
リンク集41
posted by クレ at 10:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

クレジットカードは重要

クレジットカードは一般的に「会員組織」になっており、カード会社は、顧客に自社のクレジットカードを貸与し、顧客を「カード会員」にします。
カードはとても便利なのでどんどん利用しましょう。
クレジットカードは重要に管理する必要があります。
カードは最近デパートなどでも簡単に作れるようになってきました。
クレジットカードを作るには口座番号だけを入力すれば作成することができます。

カードさえあればどこでも使えることができるのがカードの強みです。
クレジットカードは時に手数料や年会費がかかるばあいもありますが、基本無料で開設できるのが多いように感じます。
クレジットカードで注意するべき店は利用できない店舗も中には必要であるという点です。
クレジットカードは様々支払いを選べるとても便利なツールです。活用しだいでは効率的なかいものができることでしょう。
カードを利用した場合、料金の引き落としはその翌月に引き落とされることができます。
クレジットカードはインターネットの普及とともに広まってきました。なぜならば、銀行振り込みなどが手間に感じるようになったからです。
posted by クレ at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカード会社

日本にクレジットカードが本格的に普及し始めたのは、1970年ごろの話です。
クレジットカードの要素は主に、皆に認識されています。
最近カード犯罪が増えてきました。
カード作成は年々簡単になってき、とても便利です。
最近では、ビデオレンタルショップなどからも作成することができます。

クレジットカードは可能であれば様々なところで開設するのが良いでしょう。
クレジットカード会社は南米や、アジア各国でも利用することができます。
クレジットカードは全国のデパート、商店、レストランで使うことができます。
リボ払いというものがクレジットカードにはあります。カード会社によっては、キャッシングのリボ払いを「カードローン」などと呼びます。
カードは使い方をしっかり考えながら利用すればしっかりと活用することができます。
クレジットカードを正しく使い楽しんでみてください。
posted by クレ at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

クレジットカード

セブン銀行が発表しました。セブン銀行では、「みんなのマネーサイト。」を金融小売業実現のための主力チャネルとして位置付け、インターネット上での金融商品販売のワンストップチャネルを目指し、今後、取扱商品・提携先の更なる拡充を図る等をして展開するようです。
クレジットカードに重要なのはその便利さだといわれています。
カード問題は後をたちません。
カードは申込書に記入する材料があればかんったんに作ることができます。
クレジットカードは簡単に作れ、最近は安全に作れるようになってもきました。
最近では高校生でも作成するようになったもの、それがクレジットカードです。
クレジットカードの魅力は様々な国で利用することができる点です。
クレジットのポイントは全世界共通通貨として利用することができるということです。
クレジットカードのサインは店員の人がしっかりチェックしているかどうかをしっかりチェックしましょう。
クレジットカードは様々支払いを選べるとても便利なツールです。活用しだいでは効率的なかいものができることでしょう。
クレジットカードを開設するのは非常にスピーディーにできる。開設後はすぐに使うことができるために便利です。
クレジットカードを正しく使い楽しんでみてください。


金融
クレジットカード
クレジットカード比較
アンチエイジング
履歴書
posted by クレ at 21:24| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカード情報

クレジットカード会社が加盟店に「立替払い」をする際には、加盟店手数料を差 し引いた金額を支払うことになります。
クレジットカードはキャッシュの変わりの役割をできる大切なものです。
カードのことでお困りならクレジットカード情報会社に問い合わせてみるのが手でしょう。
海外の店舗では大体クレジットカードを利用することができます。
クレジットカードはスピーディーな開設が可能です。

カード会社はどこの会社も世界に拠点を持っているので各国でカードを使用することが可能です。
クレジットカードには限度額が決められています。ですので、使いすぎはある程度抑えられます。
クレジットカードは様々なお店で利用することができるので非常に便利です。
クレジットカードの利点はなんといってもリボ払いなどの多様な支払い方法でしょう。
クレジットカードを開設するのは非常にスピーディーにできる。開設後はすぐに使うことができるために便利です。
クレジットカードは使い方をしっかり利用すればとても便利なアイテムになります。計画的に利用をしてみてください。


金融
クレジットカード
クレジットカード比較
posted by クレ at 21:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。